プロ野球のニュースとコメントをまとめます。話題の選手情報が盛りだくさん♪

プロ野球ニュースまとめ

総合

金田正一は食事で鍋ばっか食べさせてたからなwww

投稿日:

金田正一さんは繊細で情に厚い人だった…山崎裕之氏が悼む

金田正一さんは繊細で情に厚い人だった…山崎裕之氏が悼む

 あれは1973年1月中旬、金田監督の就任1年目のこと。

 ロッテは当時、西川口の川口球場で自主トレをしていた。ボクが同僚と体を動かしていたそのときだ。

 バタバタバタ……。上空でものスゴい爆音がしたと思ったら、外野付近に1台のヘリコプターが降りてきた。

 ボクもナインも何が起きたのか分からずにキョトンとしていると、ヘリコプターの中から金田監督が出てきたから、その場にいた選手たちは仰天した。新監督はヘリコプターに乗って自主トレを視察しに来たのだ。

 厳しい監督だった。2月の鹿児島キャンプでは、とにかくよく練習した。ボクは当時、主力だったが、それでも夕食時にグラウンドにいたことは一度や二度ではなかった。

 食を大切にした。キャンプ中の食事は前年と比べて、はるかに豪華なものになった。猛練習で食事がノドを通らない選手が続出すると、金田監督は厨房の責任者に掛け合ってメニューを工夫させた。

 体調管理にもこだわった。トレーナーの数を倍くらいに増やし、選手には体調を整えることの大切さを説いた。夏場でも新幹線や飛行機に乗るときは必ず長袖を一枚用意しなさいと言った。冷房で体を冷やさないようにするためだ。

 体を鍛え、食事を充実させ、体調を整える――この3つを大切にする意識が選手に浸透した結果が、監督就任2年目、74年の日本一につながったと思う。

 選手に厳しく接する一方で、ケアも大切にしていた。猛練習を課して大声で叱った後に、コッソリ、トレーナーのもとへ足を運んで状態を確認していた。

 現役時代に前人未到の400勝を達成。「球界の天皇」というニックネームに象徴されるように豪放磊落なイメージがつきまとうが、繊細で情に厚い人だった。

 1年半くらい前だったろうか。千葉のゴルフ場のロッカールームで偶然、お会いして、挨拶をしたのが最後だった。

 7月には心筋梗塞を患い、つらい思いをされたとも聞いた。ご冥福をお祈りします。

(山崎裕之/野球評論家・元ロッテオリオンズ)

参考:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191007-00000014-nkgendai-base


金田正一さん
あまり触れられませんが、巨人に移籍した頃のカネやんは、既に晩年でありプレイ自体の意味よりも、その野球に関する姿勢こそが、巨人の9連覇に貢献したんですよね。

当時の王さんなんかも、まだまだ若くて、いろんな意味で、まだ野球に関しては甘い面もあったと
何かの本で読んだ事があります。

当時のカネやんは、別名「天皇」と言われていたほど別格であり、それなのに走り込みや、その他練習に対する真剣さに関しては、巨人の選手達は大いに感化されたと聞きます。

記録は誰が見ても偉大なんですが、その辺りにおける日本球界に遺した遺産こそは、もっと讃えられても良いんじゃないでしょうか。

あと、暴れると手が付けられない一面もありましたが、明るいキャラクターなんかも、憎めない面がありましたよね。

日本テレビの解説でも、珍しく巨人一辺倒の解説はあまりしてませんでしたしね。


金田正一さん
まだ、科学的なトレーニングや食事が確立されていない頃に、いち早く理論的なトレーニングを取り入れ、球団が用意した食事ではなく、自らが栄養やバランスを考えた食事を摂っていた。二日酔いだの坂東のように副業が当たり前の選手の中、野球に真面目に取り組んでいるんだもの、そりゃ強いよ(笑)張本さんも今じゃTVで筋肉云々言ってるけど、力道山のジムでウェイトトレーニングしていたからね。この二人は大法螺吹きだけど(笑)、野球に取り組む姿勢は真摯だったと思うよ。

でもカネヤンの一番の思い出は、トレーバーを蹴ったことだな(笑)


金田正一さん
400勝の金田、年間42勝の稲尾とか。
本当にすごい時代だったと思う。

もちろん昔のほうが無茶で現在のほうが理論的だ。
しかし現在の年間の最多勝が15くらいだと
記憶にも記録にも残らないってのはちょっとアレだな。


金田正一さん
400勝の金田、年間42勝の稲尾とか。
本当にすごい時代だったと思う。

もちろん昔のほうが無茶で現在のほうが理論的だ。
しかし現在の年間の最多勝が15くらいだと
記憶にも記録にも残らないってのはちょっとアレだな。


金田正一さん
一時テレビでストラックアウトが流行っていた時、金田も挑戦してたけどカーブを投げたり高齢なのに飄々と的を抜いているのを見てやはり大投手だったんだと感じた。ただそれゆえに豪放磊落で誇大妄想的な発言も目立つから指導者には向いてなかったのかな。

金田正一さん
星野さんでも、「金田さんには敵わん。ワッハッハ。」と言ってたぐらいだから、めちゃくちゃ豪快だったんだろう。

サンモニでも、張本さんが大人しくしていたのは、可愛がられていたのもあるけど、やっぱり敬意を持っていたんだろう。


金田正一さん
松坂大輔でも200勝出来ない。時代は違うかもしかないが、400勝は前人未到。ロッテで暴れている印象しかないが、偉大な投手に変わりなし。

金田正一さん
代打金田には驚いた。しかもホームラン

金田正一さん
私の世代だと、野球に関しては、巨人星の中で、
雨の中を、トボトボと歩いて帰る印象しかない。

後は、ロッテの監督のときの、イケイケの場面とか、ガムのコマーシャルとか、週刊ポストのスケベ親父ぶりだろうか。

現役も監督も、野球界を去ってからも、あんなに活躍した人は、他にいないのではないだろうか。


金田正一さん
せっかくの素晴らしいコメントが、この差別者の返信で台無しですね…

金田正一さん
来年西武に来そうな元怪物は選手晩年は草刈りばかりかな。

金田正一さん
180㌔はともかく、当時群を抜いて速かったのは間違いない。
しかもいかに俺様登板していたとはいえ、最下位常連の弱小国鉄で400勝のうちほとんどの勝利を挙げていたのだからすごいとしか言いようがない。
半島出身の反骨精神が時としてぶつかることもあったでしょうが、史上最高のピッチャーの一人であることに間違いはない。
ご冥福をお祈りいたします。

金田正一さん
俺様登板とはいうけど、あの頃はエースが中継ぎで出ることは珍しくないし、勝つためという意味で言えばかねやんが途中からでも投げた方が確率が高かったのは事実だと思うな

金田正一さん
昔は、出自で差別されたり、表立って言わないけれど
身分の差のようなものが今よりも遥かに強く厳然と存在してた。
そういう世界の中で、真の意味で完全にフラットな横一線の
「己の実力のみ」でジャパニーズドリームを掴める分野は
相撲や野球、芸能界、裏社会くらいしかなかった。
この世代の、そうした分野に在日の方が多いのはそういう事情がある。

金田正一さん
連続三振記録が掛った際にファールフライを打者が打った時に
マウンドから「捕るな!」と叫んだとかw
元祖怪物でした。
世が世ならメジャーに行って活躍していたんじゃないですかね。
合掌。。。

金田正一さん
そう言えば超スローボールも投げる事もあったみたいです。
王選手も、ピッチャー志願だったのがバッターになったとか

お疲れ様です。


金田正一さん
そう言えば超スローボールも投げる事もあったみたいです。
王選手も、ピッチャー志願だったのがバッターになったとか

お疲れ様です。


金田正一さん
170kmって言っていた時もあったね。

金田正一さん
金田は、王や張本とちがって、普通の日本人ですが…。

精神を病んだ人たちがネットで垂れ流しているデマを、真偽の確認もせずにしんじているのかな…。


金田正一さん
弱い弱い国鉄で投げて打って、ある意味では日本の元祖二刀流に近い存在じゃいない?
晩年の超スローボールは本人も観客も大笑いだった。

金田正一さん
巨人みたいな強いチームにいたら700勝してたはず。

金田正一さん
左腕でテイクバックが小さく、真っ直ぐはコンピューター解析で158キロ、7種類のカーブにあの強靭な身体。当時は研究しようにもDVDなんかなかった。そりゃ、400勝するわ。初めから巨人にいたら、一体何百勝してたか。

金田正一さん
ON共にプロ初打席の対戦投手は金田さんで、長嶋さんは4三振、王さんは2三振と1四球、ある意味プロの洗礼を受けたと言えると思う。
金田さんの現役時代はリアルタイムでは見てない、映像の中の人だけど、剛速球とカーブの落差や緩急の差が凄そうだなって思う。
当時と現代野球の違いはあれ、記録の多くはもう破られる事のないのがほとんどだろうし、娯楽が少なかった時代の大スターの一人だったのは、間違いないだろうね。
 
お疲れさまでした 合掌。

金田正一さん
新人の長嶋さんの連続4三振は良く知られているが、次の試合の第一打席も三振で、5打席連続三振でした。

金田正一さん
ハンカチ斎藤でも昭和なら400勝は無理でも200勝は出来るんじゃないの?

金田正一さん
金田も張本も王も在日(王は中華民国籍?)なんだけど、大陸系の人というのはガタイが良いし背も高い人多く、スポーツ選手向きな人が多いよね。王は中学生1?の時に身長175cmだって。

日本にいて親子で苦労も多かったろうから、そういう負けん気というか、努力する姿勢と精神力が強くなれたのだろう。

これを逆にみれば、過去に外国に移民・移住した日本人が、差別や貧困の中、苦労して苦労して現地のためにいろんなことやって、偉大な人になって現地の人にも褒め讃えられてる人と同じ構図なのかもしれない。
野球いえば、野茂やイチローや松井などがMLBへ行って努力しながらも認められる人になったこと。
あと今の人の苦労と過去の人の苦労を同じにして比べられないが、今の人の苦労は過去の人の苦労の上に、いろいろと法律で改善された部分も多く、だからこそ苦労してる人や貧困の人は有利にできる法律をうまく使って抜け出してほしいね。


金田正一さん
精神を病んだ人たちがネットで垂れ流しているデマを、真偽の確認もせずにしんじているのかな…。

人が亡くなられたというのに中傷まがいの書き込みをするのはどうかと。

金田は、王や張本とちがって、普通の日本人です……。


金田正一さん
王さんは偉大なバッターですが、その方が大別格のピッチャーだったと言われることは、金田投手はいかに凄いピッチャーだったかと思います。
400勝の内大半は弱小チームの国鉄での勝利数でしたので、強いチームにいたら500勝ぐらいしていたのかも知れませんね。
たぶん大リーグに行けてたら、そこでも
大活躍出来たピッチャーだったと思います。
長い間お疲れ様です。
ご冥福を心から祈ります。

金田正一さん
金田さんが巨人に移籍したとき、すでに通算353勝をあげていて、全盛期も過ぎていました。移籍後の成績こそは平凡だったが、野球に取り組む姿勢やひたむきさ、厳しさなど、若手の模範となる事を欠かさずおこなっていたそうです。偉大な野球人だったと改めて感じました。

金田正一さん
西武ライオンズが松坂獲得に乗り出すとか乗り出さないとか。
金やんみたいな役割を果たして彼が果たせるかどうか(´・ω・`)

金田正一さん
カネヤンこと金田正一氏は晩年巨人に移籍した事は知られているが。彼を迎えるに当たり当時の監督であった川上哲治氏は「君は400勝を目前に控えた偉大なる選手だ、君のやることはすべての野球選手のお手本になるから今まで通り自分を貫いてくれ」と言ったそうだ、その言葉を受けた金田氏は国鉄時代の傍若無人な態度から一変し、積極的にミーティングに参加したり若手に色々な指導をしたりという極めて模範的な選手に成ったという、このエピソードは川上氏の人心掌握術として知られてはいるが、金田氏の状況に応じて自身のスタイルを柔軟に変えていくという氏の野球人としての能力の高さを表していると思う

金田正一さん
川上の云うことはあまり真に受けないほうがよい。

金田正一さん
金田氏が現役の時のプロ野球界と今のプロ野球界は全く違うので単純にヒカクする事は出来ませんが、約700試合チームの勝敗に関わっていることが凄いと思います。

400勝298敗…空前絶後の大記録です。
これだけの大投手は今後現れないと思います。

まさに「巨星墜つ」…謹んで金田氏のご冥福をお祈り致します。
合掌


金田正一さん
合掌

金田正一さん
肩が強くて、消耗からの立ち直りが早い投手は
きっと今でもいるんだろう。
一律に中6日って、投手を無駄にしている気もする。

金田正一さん
時代が時代とは言え勝敗に700回関わるって、、、プロはまず体が強くなくちゃいかんという見本の投手やね。この人に比べたら今言われる酷使なんて酷使とは言わないって気になってくる。

金田正一さん
がははと笑いながら「ワシの真っ直ぐは180キロ出てたわい」と言われてました。多分150キロ後半だったと思いますが、手元で伸びていたんでしょう。それに、分かってても打てないカーブがあって。2度とこんな投手は出ないと思う。合掌。

金田正一さん
合掌

-総合

Copyright© プロ野球ニュースまとめ , 2019 All Rights Reserved.